一般社団法人日本福祉用具供給協会
トップページ > 地域毎の活動トップ > 地域毎の活動一覧

地域毎の活動

地域一覧へ戻る
京都府
■京都ブロック役員会開催について
事業内容
クリックで写真が拡大します。令和2年2月3日(月)京都ブロックの役員会を開催致しました。
以下4点の議題について検討致しました。
@丹波福祉就職フェア
Aマナー研修(2月14日)
B京都福祉就職フェア
C令和2年度事業計画案検討
■資質向上研修会開催
事業内容
クリックで写真が拡大します。令和2年2月14日(金)「接遇〜マナーから学ぶ営業〜」と題し、ダスキンライフケア伏見桃山ステーション統括マネジャー 土生妙子先生をお招きして研修会を開催しました。
ベテランから新人まで幅広い受講者47名が、実技を交えながら営業マナーを勉強しました。
担当者会議におけるご利用者のご自宅でのマナーなど福祉用具事業者の営業マナーに特化した内容でたいへん勉強になりました。
土生先生の第一印象で心を掴むテクニックは、明日から実践していこうと思います。
■京都丹波福祉就職フェアにて福祉機器の展示・体験コーナー出展
事業内容
クリックで写真が拡大します。令和2年2月8日(土)京都府ガレリア亀岡にて介護・福祉の仕事合同就職説明会で介護ロボット・最新の福祉機器展示体験コーナーブースの出展協力を致しました。
コロナウイルスの影響で来場求職者は、75名と少なかったのですが出展事業所21法人の方々が介護ロボットパワースーツ等の体験をしていただき介護ロボットの普及啓発活動ができました。
介護ロボットが介護現場の人材不足や、働き方改革の一役を担う為にはこのような会場で施設の方に体験していただくことが重要と感じました。
■ハローワークフェスタ参加
事業内容
クリックで写真が拡大します。11月24日(日)京都産業会館ホールにてハローワークが主催する「ハローワークフェスタ」に参加しました。
若年層を中心とした求職者に、見たり体験することができるブースを作り、電動車いすとロボット人形を展示しました。
お笑いコンビ、ミサイルマンと女性アイドル福本愛菜さんがロボット人形や電動車いすを試乗いただき、来場者に福祉用具の魅力を発信していただきました。
■防災功労特別賞受賞
事業内容
クリックで写真が拡大します。10月15日(火)ロームシアター京都にて京都市長より「レジリエント・シティ京都 防災功労特別賞」を頂きました。
昨年の台風21号により京北町の避難所になった特別養護老人ホームにベットを供給した事や、防災訓練に毎年参加協力したことが評価されました。京都府ブロックでは、現在10の自治体と災害時協定を結んでおります。大規模災害が毎年襲ってくる日本。災害協定の必要性を身に染みて感じております。京都府下の未だ協定を結んでいない自治体の皆様へのご案内、働きかけを今後も積極的に行って参ります。
■懇親会(情報交換会)
事業内容
10月10日(木)18時30分より京都駅前アサヒビアレストランスーパードライルネサンスにて14事業所22名参加にて情報交換会を行いました。
実地指導を受けた事業所より今年の注意事項を報告していただき共有することができました。京都市都度駐車許可の運用状況と各自の近況報告をおひとりづつ前にでて発言していただき親睦を深める事ができました。
■電動車いす安全運転普及啓発活動
事業内容
クリックで写真が拡大します。9月14日(土)SKYふれあいフェステェバル京都府警のブースにて電動車いすを展示し「電動車いす安全運転普及啓発活動」を行いました。福祉用具の日のクリアケースに電動車いす安全運転の手引きを入れ京都府警のブースに立ち寄られた府民の方に電動車いすは、道路交通法では歩行者扱いになることを詳しくご説明しました。
■2019・SKYふれあいフェスティバル参加
事業内容
クリックで写真が拡大します。9月14日・15日京都パルスプラザにてSKYふれあいフェスティバルに参加しました。日福協京都ブロックのブースでは、福祉用具の日のメモ帳を府民の方にお配りして福祉用具の日の啓発をしました。
福祉用具の在庫一掃セールでは、リハビリシューズ、紙おしめ等、定価の9割〜8割引きで販売。来場者の方に喜んでいただきました。
■京都府総合防災訓練
事業内容
クリックで写真が拡大します。令和元年9月1日(日)京都府長岡京市村田機械総合グラウンドにて開催された、京都府総合防災訓練に参加しました。京都府では、豪雨が続く中、直下型地震が発生し、火災も起きたという複合災害を想定。消防や関係団体などから約1000人が参加しました。「災害に必要な福祉用具展示」ブースにもたくさんの府民の皆様が来てくださいました。
■京都市総合防災訓練
事業内容
クリックで写真が拡大します。8月31日(土)京都市岡崎公園にて京都市総合防災訓練「災害時に必要な福祉用具展示」をしました。世界遺産の平安神宮前ということもあり海外の旅行者の方々が多く来場され展示を興味深く見ていただきました。福祉用具体験ブースでは、市民の皆が「JINRIKI]に乗ったり、引いたり楽しく体験していただきました。
■京都ブロック役員会開催
事業内容
クリックで写真が拡大します。令和元年8月5日(月)18:00から役員会を開催致しました。
報告事項6点、検討事項7点について話し合いを致しました。
【報告事項】@リフトリーダー研修日程A他職種連携研修B京都ブロック退会C都度駐車許可追加D防災訓練E京丹波町災害時協定締結
【検討事項】@SKYふれあいフェスティバルA日本福祉用具供給事業者連盟B日福協主催の研修C京都ブロック懇親会D災害時の出動E消費税についての意見交換F公明党予算・税制要望並びに政策懇談会日程調整
■「災害時における福祉用具等物資の供給等協力に関する協定」締結式
事業内容
クリックで写真が拡大します。令和元年8月1日、京丹波町と「災害時における福祉用具等物資の供給等協力に関する協定」締結式を執り行いました。当日は、ケーブルテレビの中継や、京都新聞社による取材などがあり、昨年の台風21号による被災で避難所にベッド等が速やかに日福協京都府ブロックより供給されたことを伝えました。京都府ブロックより役員4名が出席しました。
■災害時に役に立つ福祉用具展示
事業内容
クリックで写真が拡大します。2019年7月27日(土)丹後王国「食のみやこ」芝生広場にて「災害時に役に立つ福祉用具展示」を行いました。京都府は、昨年の台風21号で甚大な被害が出ました。大規模な自然災害が起こる可能性が高まっている中、一人ひとりの防災に対する意識を高めてもらえるよう、見て!ふれて!体験できる!楽しく学べるよう工夫しました。
ブースには、子供と若いお父さん、お母さんが立ち寄ってくれました。
■京都ブロックの定例会を開催致しました。
事業内容
クリックで写真が拡大します。8月22日(火)15:00〜京都ブロックの定例会をスマイルケア本社にて開催致しました。
荒井理事より「福祉用具の利用に関する効果研究事業」における
『福祉用具の利用状況および生活機能の定点観測調査』の重要性を改めて案内頂きました。また、京都ブロックとしては福祉用具サービスが、ご利用者本人のADLの向上、及び、介護者の負担軽減に効果があることを示すためにも今回の定点観測調査を積極的に実施していくことを確認しました。

地域一覧へ戻る