一般社団法人日本福祉用具供給協会
トップページ > 地域毎の活動トップ > 地域毎の活動一覧

地域毎の活動

地域一覧へ戻る
東京支部
■資質向上研修会を開催致しました。
事業内容
クリックで写真が拡大します。  東京支部では、5月10日(木)に、資質向上研修会を開催致しました。「これからの医療・介護〜同時改定後を見据えて」をテーマに、中村秀一氏(国際医療福祉大学大学院教授・医療介護福祉政策研究フォーラム理事長)を講師にお招きし、現在の医療・介護を取り巻く状況を踏まえ、具体的なデータを用いて大変わかりやすくご講演頂きました。
 ご講演のなかで、「今後高齢化と人口減少にともない、人材の確保がますます厳しくなることが予想され、そのような時であるからこそ、福祉用具の有効活用が重要である」、というお話をされていましたのは、特に印象的でした。
 当日は66名の皆様にご受講頂きました。平日のお忙しいなか有難うございました。
 東京支部では今後も引き続き、様々な分野から講師をお招きし研修会等を開催していく予定です。
■千葉ブロック・東京ブロック合同講演会を開催致しました
事業内容
 7⽉20⽇(⽊)、東京ブロック・千葉県ブロック合同で、研修会を開催致しました。
 「2018年度介護報酬改定を⾒据えた介護事業者のあり⽅
〜介護保険制度改正と介護報酬改定の議論から考える〜」をテーマに、⼀般社団法⼈「⺠間事業者の質を⾼める」全国介護事業者協議会 特別理事の⾺袋秀男先生にご講演頂きました。
 介護保険制度に係る最新のデータに基づき、福祉用具供給事業者としての課題や今後の取り組み方など、非常に参考となるご講演を頂きました。参加された皆様も大変熱心に受講されていらっしゃいました。
 千葉ブロック・東京ブロックでは更に連携を強化し、皆様のお役に立てますよう研修会等、必要な活動を行ってまいります。

■平成29年度第1回資質向上研修会を開催致しました
事業内容
クリックで写真が拡大します。 5月16日(水)、東京支部では運送業界で接遇やプロとしての技術を指導、研修されている、KM(顧客満足)研究所の三好 圭先生をお招きし、『私たちが目指すCSとは〜すぐに役立つ!運送業のプロから学ぶ実践講座〜』をテーマにご講演頂きました。
 第一印象の大切さや挨拶の重要性など、先生のご経験を交え具体的にお話頂きました。
千葉県
■千葉県野田市と災害時における福祉用具の供給協定を締結しました
事業内容
クリックで写真が拡大します。 2月16日、千葉県野田市と当協会におきまして、鈴木市長様にもご臨席賜り、「災害時における福祉用具の供給協定」を締結致しました。
 緊急時に地域の皆様方に、必要な福祉用具を迅速にご提供できますよう自治体の皆様、各関係機関の皆様との、日頃からの連携強化にも注力していきたいと考えております。 
 なお、このたびの締結により、全国で108自治体と協定し、千葉県内では、39自治体との締結となりました。
■東庄町防災演習に参加しました
事業内容
平成29年6月4日(日)東庄町防災演習に参加致しました。
東庄町様とは本年3月8日に協定締結し、防災演習初参加。
若干のトラブルはあったものの、当日御協力いただいたスタッフの方々がが機転を利かせて車いす講習コースを工夫してくださり、参加された皆さんに楽しんでいただける体験となったようです。
町長さんと市議会議長さんがペアとなられ、車いす介助用コースを実際に体験される場面もありました。
 晴天にも恵まれ、担当者に取りましても印象深い防災演習になりました。
地域一覧へ戻る