一般社団法人日本福祉用具供給協会
トップページ > 地域毎の活動トップ > 地域毎の活動一覧

地域毎の活動

地域一覧へ戻る
東京支部
■千葉ブロック・東京ブロック合同講演会を開催致しました
事業内容
 7⽉20⽇(⽊)、東京ブロック・千葉県ブロック合同で、研修会を開催致しました。
 「2018年度介護報酬改定を⾒据えた介護事業者のあり⽅
〜介護保険制度改正と介護報酬改定の議論から考える〜」をテーマに、⼀般社団法⼈「⺠間事業者の質を⾼める」全国介護事業者協議会 特別理事の⾺袋秀男先生にご講演頂きました。
 介護保険制度に係る最新のデータに基づき、福祉用具供給事業者としての課題や今後の取り組み方など、非常に参考となるご講演を頂きました。参加された皆様も大変熱心に受講されていらっしゃいました。
 千葉ブロック・東京ブロックでは更に連携を強化し、皆様のお役に立てますよう研修会等、必要な活動を行ってまいります。

※このたび、馬袋先生のご厚意により会員の皆様に参考資料として、当日の講演資料を提供させて頂くことについてご快諾賜りま した。貴重な資料となりますので、会員専用ホームページよりご参照下さい。http://www.fukushiyogu.or.jp/member/login.php
 なお、研修資料の著作権は講師(馬袋秀男氏)にありますので、 その点ご留意のうえお取扱いをお願い致します。
■平成29年度第1回資質向上研修会を開催致しました
事業内容
クリックで写真が拡大します。 5月16日(水)、東京支部では運送業界で接遇やプロとしての技術を指導、研修されている、KM(顧客満足)研究所の三好 圭先生をお招きし、『私たちが目指すCSとは〜すぐに役立つ!運送業のプロから学ぶ実践講座〜』をテーマにご講演頂きました。
 第一印象の大切さや挨拶の重要性など、先生のご経験を交え具体的にお話頂きました。
千葉県
■千葉県匝瑳市と災害時における福祉用具の供給協定を締結しました
事業内容
クリックで写真が拡大します。8月31日、千葉県匝瑳市と当協会におきまして、太田市長様にもご臨席賜り、「災害時における福祉用具の供給協定」を締結致しました。
 ここ最近は局地的な集中豪雨の発生など、全国の至るところで災害が発生する可能性があります。
 緊急時に地域の皆様方に、必要な福祉用具を迅速にご提供できますよう自治体の皆様、各関係機関の皆様との、日頃からの連携強化にも注力していきたいと考えております。 
 なお、このたびの締結により、全国で99自治体と協定し、千葉県内では、36自治体との締結となりました。
■千葉県i印西市と災害時における福祉用具の供給協定を締結しました
事業内容
クリックで写真が拡大します。 7月31日、千葉県印西市と当協会におきまして、板倉市長様にもご臨席賜り、「災害時における福祉用具の供給協定」を締結致しました。
 先日は九州地方で大きな水害が発生するなど、全国の至るところで災害が発生する可能性があります。
 緊急時に迅速な対応ができますよう、自治体の皆様、各関係機関の皆様との、日頃からの連携強化にも注力していきたいと考えております。  
 なお、このたびの締結により、全国で95自治体と協定し、千葉県内では、35自治体との締結となりました。
■千葉県長柄町と災害時における福祉用具の供給協定を締結しました
事業内容
クリックで写真が拡大します。 7月14日、千葉県長柄町と当協会におきまして、清田町長様にもご臨席賜り、「災害時における福祉用具の供給協定」を締結致しました。
 全国の至るところで災害が発生しておりますので、いざという時に迅速に対応できますよう、日頃からの連携強化を推し進め、地域住民の皆様に安心した生活を送って頂けるよう協会として役割を果たしていきたいと考えております。
 なお、このたびの締結により、全国で90自治体と協定し、千葉県内では、34自治体との締結となりました。
■千葉県栄町と災害時における福祉用具の供給協定を締結しました
事業内容
クリックで写真が拡大します。 6月22日、千葉県栄町と当協会におきまして、岡田町長様にもご臨席賜り、「災害時における福祉用具の供給協定」を締結致しました。
 協会の全国組織というメリットを生かし、できる限り迅速に物資の供給に取り組んでまいりたいと思います。
 また、この協定を機に更なる連携強化を推し進め、地域住民の皆様にとりまして、住みやすい町作りができますよう力を尽くしてまいります。
 なお、このたびの締結により、全国で84自治体と協定し、千葉県内では、31自治体との締結となりました。
■東庄町防災演習に参加しました
事業内容
平成29年6月4日(日)東庄町防災演習に参加致しました。
東庄町様とは本年3月8日に協定締結し、防災演習初参加。
若干のトラブルはあったものの、当日御協力いただいたスタッフの方々がが機転を利かせて車いす講習コースを工夫してくださり、参加された皆さんに楽しんでいただける体験となったようです。
町長さんと市議会議長さんがペアとなられ、車いす介助用コースを実際に体験される場面もありました。
 晴天にも恵まれ、担当者に取りましても印象深い防災演習になりました。
■千葉県富里市と災害時における福祉用具の供給協定を締結しました
事業内容
クリックで写真が拡大します。 3月17日、千葉県富里市と当協会におきまして、相川市長様にもご臨席頂き、災害時における福祉用具の供給協定を締結致しました。
 相川市長様からは、「実際に災害が発生した際、必要な方に必要な物資を供給することができることは、非常に心強い。」というご挨拶を頂きました。
 その後、畔上ブロック長より、「地域の皆様のお役に立てますよう尽力させて頂くこと、協会の全国組織というメリットを生かし、できる限り迅速に物資の供給に取り組むこと」について説明させて頂きました。
 また、今後防災訓練等についてご協力させて頂き、より連携を深めていくことについてお約束させて頂きました。
  なお、このたびの締結により、全国で77自治体と協定し、千葉県内では、29自治体との締結となりました。
■千葉県東庄町と災害時における福祉用具の供給協定を締結しました
事業内容
クリックで写真が拡大します。 3月8日、千葉県東庄町と当協会におきまして、災害時における福祉用具の供給協定を締結致しました。

 岩田町長様にもご臨席頂き、締結式が執り行われました。
 岩田町長様より、町での防災に対する積極的な取り組みについて、具体的にご説明頂きました。大変お忙しいなか有難うございました。
 今後、防災訓練等に参加させて頂くなど自治体の皆様と連携を取りながら、必要な福祉用具を必要とされる方々に、迅速にお届けできるよう努めて参ります。また、これを機に自治体様をはじめ各関係機関の皆様と更なるネットワークを築いていくことについても尽力して参ります。

 なお、このたびの締結により、全国で73自治体と協定し、千葉県内では、28自治体との締結となりました。
■香取市総合防災訓練開催に協力致しました
事業内容
 千葉県ブロックでは、10/1香取市では初めて開催された総合防災訓練開催に御協力致しました。

メイン会場(於香取市役所・佐原中学校)では、救援物資輸送訓練・福祉用具展示や佐原中学校の生徒対象に車いす操作訓練を行い、小見川会場(於小見川市民センターいぶき館)では近隣6地区の住民の皆さん対象に、高齢者疑似体験・車いす操作訓練を行いました。

生憎の雨天でしたが、多くの方々が参加されました。
■浦安市総合防災訓練開催に協力致しました。
事業内容
 千葉県ブロックでは、9/25(於浦安市総合公園)開催された浦安市総合防災訓練に車いす操作訓練・福祉用具展示で御協力致しました。

 陸上自衛隊のヘリコプターが上空旋回後着陸したり、海上自衛隊の船が帰宅困難者救出の為登場したり、大小様々10余頭の災害救助犬が探索したりと毎年見どころの多い訓練内容ですが、参加された市民の皆さんのうち、日福協の展示コーナーにも多くの自治会役員の方々が足を運ばれました。

タワーマンションが多く建ち、東日本大震災の折にも大規模な被害を受けた教訓を今後になんとか繋げようとの姿勢が感じられ、車いす操作訓練にも力が入りました。
■市原市総合防災訓練開催に御協力いたしました
事業内容
 千葉県ブロックでは、9/3(於小中一貫教育校加茂学園)開催されました市原市総合防災訓練開催に協力。避難具・避難所使用される福祉用具を展示しました。

当日は、近隣4地区の住民の皆さんや千葉県立市原特別支援学校の教職員・児童生徒・保護者の皆さんも参加。段ボールベッドへの移乗方法や寝心地を試されたり、避難用軽量ストレッチャーや災害用ポータブルトイレに触れられたり興味深くご覧になられていました。小出市長も立ち寄られて説明を聞いていらっしゃいました。
■船橋市総合防災訓練開催に御協力いたしました
事業内容
千葉県ブロックでは、8/28(於船橋市立古和釜小学校)船橋市総合防災訓練開催に協力。船橋市職員及び近隣住民を対象に、高齢者疑似体験訓練・車いす操作研修・JINRIKI装着及び操作方法訓練を行いました。
地域一覧へ戻る