一般社団法人日本福祉用具供給協会
トップページ > 福祉用具選定士

福祉用具選定士

福祉用具専門相談員の皆さんへ 福祉用具選定士認定研修会のご案内
福祉用具選定士とは
福祉用具専門相談員の資質の向上を図り、利用者やケアマネジャーに対して適切な福祉用具の選定・利用に関する情報提供を行うことのできる、より専門性の高い福祉用具専門相談員を育成することを目的に、一般社団法人日本福祉用具供給協会が独自に創設した資格です。
 
福祉用具選定士認定について
当協会独自のカリキュラムによる、「福祉用具選定士認定研修会」(A研修ならびにB研修)を受講し、それぞれの研修受講後に行う、筆記試験において合格された方が※認定されます。
※A研修もしくはB研修のみの修了では、福祉用具選定士としての認定はされません。
福祉用具選定士認定研修 受講対象者
福祉用具専門相談員の資格を有し、福祉用具専門相談員として2年以上の実務経験を有する方です。
(保健師、看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、義肢装具士も含みます。)
研修カリキュラムについて 第一期生の声
福祉用具選定士名簿一覧 研修スケジュール